早慶上智に予備校無しで最短で合格する方法!

NO IMAGE
The following two tabs change content below.

純ジャパBOY

■純ジャパTOEIC900(大1)TOEFL iBT94(高2)■AO入試不合格でブチ切れて予備校なし3か月独学で早稲田文系一般合格■http://zyuken.info の管理人■メディア・SEO・コンテンツSEO学習中(現在7000pv/月 36記事)■Google adsense,A8利用■現在早稲田大学二年生、シンガポールに留学中

はじめまして! 大学受験生に有益な情報を共有するために、新しくこのウェブサイトを設立致しました、早慶予備校(仮)です。

まずこのウェブサイトの管理人の受験経験について。私は受験時、早慶、MARCHをAO入試、一般入試両方で受験し、一般入試では現役で受験大学全合格(MARCH特待生)しました。また、私は、大学付属の高校に在籍していたため、受験勉強(一般入試対策)を本格的に開始したのが、高3の10月でした。この約5ヶ月で、もちろん予備校にも通わず、独自に考えた効率よく学習する方法で、早慶合格レベルに達成することができました。これらの経験では大きくわけて、当サイトでは大きくわけて、二つのことについて書きたいと思います。

日本国内の大学AO入試対策! ~AO入試で早慶上智MARCHなどの名門大学に行こう!

近年より名前を頻繁に聞くようになった、大学AO入試。受験生にとっては、あまりイメージがよく掴めていない入試形式の一つであると思います。第一に言いたいことは、AO入試は情報戦です。そもそもAO入試がどんな入試なのかということは次回以降に解説するとして、AO入試形式はある程度典型的な形式の試験を複数取り入れているとはいえ、大学一般入試と比べて、各大学ごとに形式が大きく異なります。また、予備校模試のような実力の判定材料や、対策講座を開校している予備校も非常に少数です。よって『AO入試って複雑でわからない』という理由から諦めてしまう受験生も少なくはありません。しかしそれはとてももったいないことなのです。第一に大学AO入試という入試は、一概には断言できませんが、比較的教科学力(簡単に言うと一般入試で問われるような学問的な学力)が低い生徒にも、難関大学であったとしても、合格する確率が大いにある入試なのです。一般入試では到底合格することはありえないだろうとされる大学でも、AO入試なら合格する可能性があるということは、非常に良くあることです。それゆえ、AO入試は試みる価値の入試であると私は考えます。ここで、これからAO入試を受験しようとしている、もしくはこれを読んで受験しようと思った受験生のために、AO入試を既に経験している私が、AO入試というとても複雑で特異な入試について、解説、対策指導を当サイトを通じて行いたいと思います。というのも、先述の通り、AO入試の複雑さや、新しさや流動性が原因で、AO入試対策を行っている予備校やウェブサイトが非常に少なく、私自身も受験生時にとても情報を得るのに苦労した経験があります。なので今の受験生に効率よくAO入試対策に着手出来るように、当サイトを通じてサポートしていきます。

最短期間で、早慶、MARCHに合格しよう!(一般入試)~私が五ヶ月の独学で、早稲田大学に合格した方法~

慶応大学、早稲田大学、日本国内私立最高峰として知られる有名大学です。またこれらの大学以外にも上智大学や、MARCHと呼ばれる私立大学郡など、日本には有名な私立大学が沢山あります。よく、「私立は科目数少ないから!」などといってむやみにこれらの大学を目指す受験生をよく見かけます。しかしいざ受験勉強を初めても、少ない科目数でも、上記のような大学に合格するレベルに達する生徒は非常に少数です。科目が少ないということは、言い換えると、各試験科目に要求されるレベルが高いということです。これだけ聞くと、「じゃあやっぱり難しいんじゃないか」などという声が上がります。しかし、科目が少ない入試の方が、きちんと対策をすれば、全体的には同じ難易度だったとしても、教科数の多い入試に比べて、より早い段階で、合格レベルに達することができます。この特性を生かして、私は五ヶ月という期間で早稲田大学(本キャンパス)に合格しました。この時に私が、受験を成功させるために取り組んだ、主には具体的な各科目ごとの学習内容(筆者は文系数学受験です)、また、時には受験生の精神、生活面の自己管理法について、当サイトで全て伝授していこうと考えています。

更新日について

更新頻度については、特に指定するつもりは現在はないのですが、もしリクエストなどがございましたら、コメント欄に記入いただけましたら、対応致します。更新頻度以外についても質問などございましたら、コメント欄に記入ください。よろしくお願いします。

英語話せる系日本人になろう : NativeCamp

今なら無料体験レッスン申し込みで、7日間、何度でもレッスン受け放題! 毎日一回ジュース我慢するだけで、スマホで英会話して、日本にいながら留学生並みの英語力を手に入れることのできる時代。