【早慶上智ICU】AO・推薦入試の難易度は?勝手に一般入試と比較してみた。

【早慶上智ICU】AO・推薦入試の難易度は?勝手に一般入試と比較してみた。
The following two tabs change content below.

ニート芸人

■純ジャパTOEIC900(大1)TOEFL iBT94(高2)■AO入試不合格でブチ切れて予備校なし3か月独学で早稲田文系一般合格■http://zyuken.info の管理人■メディア・SEO・コンテンツSEO学習中(現在1万pv/月 36記事)■Google adsense,A8利用■現在早稲田2年(仮)■電子ゴミトレーダー始めました←New

AO入試なら、偏差値足りなくてもうかる? 入試っていっぱい方式があって実際難しいのかわからない! 簡単って言っても難関大学なんだから大変でしょ!? 受験生なら一度は感じたことはあると思います。どこのサイトを見ても、「特殊な入試!」や「a方式!b方式!公募推薦などに分かれています」などと書かれており、結局 難しいのか簡単なのかどっちなんだよ!!!と聞きたくなったことが一度はあるのではないのでしょうか。 今回は、各有名大学におけるAO入試の難易度をまとめていこうと思います。


入試倍率比較(一般VS推薦)

※赤字で書かれた学部は推薦入試倍率が一般入試倍率の2倍以下の学部です。

慶応大学

学部名 一般入試倍率 AO入試倍率
文学部 4.2 2.7
法学部 5.2 3.7
総合政策学部 9.4 4.9
環境情報学部 8.4 3.7

早稲田大学

学部名 一般入試倍率 AO入試倍率
政治経済学部 6.5 3.3
文化構想学部 8.1 2.4
教育学部(文理合計) 7.2 3.9(自己推薦入試)
社会科学部 11.1 5.0(自己推薦入試)
スポーツ科学部 6.3 2.8
国際教養学部 6.0 3.2

上智大学

学部名 一般入試倍率 公募推薦入試倍率
神学部 6.8 2.3
文学部 4.1 1.5
総合人間学部 5.8 2.28
法学部 5.0 2.26
経済学部 5.6 1.7
外国語学部 4.5 1.95
総合グローバル学部 4.5 2.0
国際教養学部 1.4

国際基督教大学(ICU)

学部名 一般入試倍率 AO入試倍率
教養学部 2.8 2.9

国際教養大学(AIU)

学部名 一般入試倍率 AO入試倍率 推薦入試倍率
国際教養学部 5.6 6.8 4.6

入試形式比較

一般入試で問われる力

これは書く必要も無いようなことですが、入試においては、もちろん単純な「教科学力」が問われます。

推薦入試で問われる力

推薦入試において問われる力は、一般入試とは対照的に、学力のような単純な何か一つの共通の力を問うわけでは無いということが一番大きな特徴と言えるのでは無いでしょうか。それ故、誰かに対策してもらうということは難しくなるものの、要求されるレベルそのものは、一般入試よりも低いのではないでしょうか。

では具体的にどのような項目が評価されるのかというと、有名な例としては、、

人間力

サンプル

某AO入試大手予備校の講座一覧を見ていると、「人間力養成講座」という、不思議なタイトルの講座があります。

私が最初に見たときは「授業で人間磨きするの?笑」と感じましたが、どちらかというと、講義自体は、「自分探し」に重点を置いているようです。

下の計画力にも関連してきますが、自分の現在の社会における客観的な位置を再確認し、そこから社会に向けてどのように貢献するために成長していくのか、という「人生のアウトライン」が具体的現実的であればあるほど、受験者の人間力は高く評価されるのだと感じました。

計画力(人生設計✖目的思考)

サンプル

上の人間力においても述べましたが、AO入試において、計画性は非常に大切になってきます。

なのでAO面接や小論文、志望理由書を重視する大学を受験する場合、AO入試対策を始めるのが、早ければ早いほど、有利になると言えるでしょう。

というのも、入試一週間前に

「私は海外の学校に行けない子供達のために学校を作りたいです!!」

と言ってもこいつは何を言っているんだと真剣に受け取られませんよね。もちろんこのようなことをしてもAO入試では受からないでしょう。しかしこのような場合はどうでしょうか。

「私は将来海外の学校に通えない子供達のために学校を作りたいと考えています。そのために高校在学時には、まずは教育者になるために、教育ボランティアに毎年学校代表として参加していました。また、海外で学校を立てるためには言語の壁が大きく影響すると思い、英語を独学で学習し、高校三年時に英検一級を取得しました。」

どうでしょうか。最終目標の「海外に学校を建てる」という目標に向けて、早い段階から目標達成に向けて計画的に動いていたんだな。という印象を試験官に与えることができます。このような「計画力」及び「実行力」はAO入試において大きな評価対象となります。

語学力(ボーダー設定のための)

サンプル

当たり前ですが、英語力は基本的にほとんどのAO入試に置いて求められる力といってもよいでしょう。

基本的にはAO入試における英語力は、TOEFL、SAT、TEAPなどのテストにおいて計られます。

しかし他の項目とは異なり、英語力に関しては単純にこれらの資格のスコアが高ければ高いほど高く評価されるというわけでは無いと考えています。

なぜならば、AO入試において大学側はただ単に英語ができる学生を欲しい訳では無いからです。

AO入試において大学側は、計画性や実行力などを持っている、「活動的」な学生を獲得し、大学の広告塔になって欲しいと考えているのでは無いでしょうか。

ただただ英語力のある学生を確保したいのならば、一般入試において英語の配点を増やせばいいだけです。

それゆえ、AO入試における英語力とは、海外で「広告塔」として活躍するのに十分であれば、問題にならないということだと考えています。まさにその「広告塔に必要な英語力」というのが、「出願資格」(外国語検定試験の基準)でしょう。

それゆえ英語試験に関しては、基本的には出願資格を満たしていればOKで、逆に出願資格を超えて非常に高いスコアだったとしても、その英語力に過信することは、AO入試に置いては非常に危険なことであると言えます。

評定平均

サンプル

こちらも、英語資格と同様、出願資格が存在します。こちらは英語資格とは異なり、高ければ高い方が良いのでは無いでしょうか。というのも、高校在学時の評定平均値とは直にどれだけ真面目に授業を受けていたかを表す数値でもあり、大学側は評定平均を見ることで、生徒が大学でも真面目に授業を受けるのかの判断をしているのでは無いでしょうか。

というのも、先ほど述べた通り、大学側は、AO入学生に広告塔として活躍してもらいたい訳で、入学しても授業を受けに来なくなってしまっては、意味がありませんよね。それゆえ、ある程度真面目な生徒を確保するために、評定平均の最低基準があるのでしょう。

ではなぜ一般入試にて評定平均の出願資格がないのかというと、これは大学側が各入試形式において受験生に求める受験者像を考えたらわかりやすい話で、大学側としては、一般受験生に求めるのは、ただただ受験生の学力です。レベルの高い受験生を一般入試でとることで、大学の表面上の偏差値操作ができるわけですね。それゆえ、もうこのタスクは受験生が入学手続きをしてくれた時点で達成されるので、入学後学生が何をしようと、大学側からすればどうでもいい話なのです。それ故、評定平均の出願資格が存在しないのです。

留学!?ちょっと待った!!低費用の濃厚自宅留学もアリよりのアリ。

予備校の違い

講義の質の違い

サンプル

一般入試では、受験者数が多いため当然といえば当然ですが、その一般入試受験生をサポートする予備校数も多いです。

マーケットとしても十分な客(受験生)を見込めるため、志望大学に特化した対策など、質の高い授業が提供されており、受験生はその対策に一生懸命ついていきさえすれば、十分な対策を行うことができます。。

反対にAO入試では、そもそも受験者数が一般入試と比べると非常に少なくなるので、そもそもAO入試向けの予備校そのものがあまり発達していません。

それ故、各志望校別の講義などは一般入試と比べると充実しておらず、自分で対策を行う必要が出てきます。このようにAO入試では、自分で入試について調べ、対策を行うような、自主性、能動性が必要となってきます。

志望校の決めやすさ

一般入試においては、有力な大学合格の可能性を審査するシステムが存在しないAO入試とは異なり、大手予備校が主催している判定模試の結果を利用し、志望校の選定が簡単になります。

しかしこれは言い換えるとすれば、AO入試ならばどんな生徒にも合格する可能性が否定できないということであり、一般入試では到底合格出来ないだろうと推測されるような受験生でも、AO入試ならば勝負することができるかもしれないということの現れとなっているのでしょうか。

リスクの違い

サンプル

AO及び推薦入試においては、推薦状の関係などにより、浪人ができないということも少なくはありません

しかし一般入試では、基本的に起きな入試制度の改革が行われない限り、浪人しながら毎年チャレンジすることが可能です。

スタディサプリ!月額千円で授業を受け放題!定期テストから大学受験まで!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました!AO入試と一般入試の違いについて少しでもイメージをつかむことができたでしょうか。

結局は簡単にまとめると、ただまっすぐ誰かのサポートをうけて単純に努力を重ねることが得意!という受験生は一般入試、自分主体で試行錯誤しながら、調べ、それを信じて対策を行いたいという受験はAO入試に向いているのではないでしょうか。

AO入試はまずどのような対策をすればいいのかということが明白でない時点で、本格的に対策を行う際に強靭なメンタルが必要となってきます。

しかし、皆が何をすればいいのか考えるところから始まるため、また最後まで一つの正しい対策というものが存在しないため、一般入試と比べると、要求される完成度は下がると言っても良いでしょう。

これらを踏まえ、あなたはどちら派ですか? 自分の性格を見つめ直し、これからの受験準備に取り掛かかるようにしてください。

より詳しく相談したい!という方は下から質問を受け付けていますので、ドシドシ送ってください!

 

英語話せる系日本人になろう : NativeCamp

今なら無料体験レッスン申し込みで、7日間、何度でもレッスン受け放題! 毎日一回ジュース我慢するだけで、スマホで英会話して、日本にいながら留学生並みの英語力を手に入れることのできる時代。