高校二年生が行うべき3つのAO対策とは?難関大AO受験

2018年2月18日AO入試, AO対策, TOEFL, 早慶上智, 高二

前回に引き続き、今回は、高校二年生が高校二年生のうちにしておくべきAO入試対策についてまとめようと思います。高校二年生と言っても、依然述べた通り、AO入試は出願、試験、合格発表全てにおいて一般入試と比べて数カ月ほど早いので、受験生としての意識もはやくから持つ、詳しく言うと高2の後半からはもう受験生として意識することが必要になってきます。よって、高校二年生のうちからしておくべき対策としては、大きく分けると志望理由書、英語試験対策、そして独自試験対策となってきます。

教室の写真


1.志望理由書

志望理由書は過去記事で述べた通り、AO入試合格のために最重要といっても過言ではないくらい大切な材料となります。そのため、志望理由書作成は膨大な時間と労力を要します。具体的には、まず志望理由書に盛り込む要素や思考生理のためのブレインストーミングを行い、それから実際に文章を書き、それから学校の先生や予備校の先生、親など複数人の大人から文章を添削してもらい、書き直しを行い、英語の場合は学校のESLの先生などに英語添削もしてもらい、それにて終了となります。筆者が現役生だったときは、「どうせ志望理由書っていっても作文と変わんないしそれなりに書いたら終わるだろう」と思っていましたが実際書き始めてみるととても大変で、大人からの添削が必須なため自分のスケジュールだけを管理していても書き終わらないので、とても出願直前は焦っていたことを覚えています。なので志望理由書は早くから考えておく、また、高校一年生の大学リサーチのときから、志望理由書に結び付けれるように意識しながらリサーチすることができれば、尚良いです。具体的な志望理由書の書き方に関しては、今後記事で複数回にわたって解説していきます。

2.英語試験対策

TEAP、英検、国連英検やTOEFL iBTなど、AO入試では、学校によってたくさんの種類の英語技能検定の資格を提出することができますが、TOEFL iBTのスコアを持っていれば、基本的に大学AO入試はどこでも出願できる場合が多いです。(筆者の場合はそうでしたが絶対ではないので受験生の方は必ず自分で調べてくださいね!)なので今回は出願にTOEFL iBTを用いるという設定でまとめます。まずTOEFLは、受験後15日後、約二週間後に自分のスコアが分かります。またこれは大学により規定が異なるので一概には言えませんが、スコアレポートをETS(アメリカにあるTOEFLを運営管理している機関)からinstitution(大学)に①直送する②(自宅に届いたofficial scoreを)自分で受け取り提出する二通りが多いです。オフィシャルスコアレポートはアメリカから発送されるので、日本に発送する場合、10日前後かかるので、結果的にTOEFL受験からスコアレポートが送られるまで約30日弱かかるということになります。なので、TOEFLのは遅くとも出願締め切りの1カ月以上は余裕を見て受験する必要があります。またTOEFL受験の予約も時間がかかるので、まずは慣れるために、一度TOEFLをなれのためにも早く受験してみることがいいです。また、この初回受験で大学が要求するスコアを満たせればよいですが、多くの場合そのスコアに届いてないことがあるので、なるべく早くから自分の英語の能力を知り、TOEFLの最終受験までに大学が要求するスコアを取得する必要があります。

3.独自試験対策

AO入試における独自試験とは、面接試験であったり、筆記試験(単科試験であったり小論文試験)などです。これらの試験も、その大学の独自性がとてもよくあらわれる部分なので、とても重要な項目となってきます。特に面接試験は、一人で行うより学校の先生などに協力してもらい練習したほうがとても効果的なので、やはり事前から早め早めにしておくべきです。筆記試験に関しても、AO入試では独特な試験が出される場合が多いので、一般入試の転用が効かないことが多いので、早めから着手し、受験前には余裕があることが望ましいです。

いかがだったでしょうか。高校二年生では出願一年前ということもあり、よりAO入試専門の対策をしていく必要があります。特に再びになりますが、AO入試を受ける人は、高校二年生後期からは受験生の仲間入りです!気を引き締めて、計画的に準備をしていきましょう。

スポンサーリンク