AO入試受験生ってどこで勉強してるの?河合?駿台?高校?

AO入試受験生ってどこで勉強してるの?河合?駿台?高校?
The following two tabs change content below.

ニート芸人

■純ジャパTOEIC900(大1)TOEFL iBT94(高2)■AO入試不合格でブチ切れて予備校なし3か月独学で早稲田文系一般合格■http://zyuken.info の管理人■メディア・SEO・コンテンツSEO学習中(現在1万pv/月 36記事)■Google adsense,A8利用■現在早稲田2年(仮)■電子ゴミトレーダー始めました←New

1. AO対策をしてくれる予備校ってあるの?

いざAO入試を使って大学を受験しようときめても、いざとなると、マイナーな入試方式故に、どこでどうやって勉強したらいいのか分からないですよね。一般入試対策でしたら、日本には数えきれないほどの予備校がありますよね。駿○や河×塾など、いわゆる「大手予備校」がどこなのかもはっきりしていて、比較的簡単に入試対策をしてくれる予備校にたどり着くことができます。しかし、AO入試はどうでしょうか。「AO入試対策 予備校」で調べてみると、あまり耳にしない名前の予備校がヒットします。というのも、AO入試が、予備校ビジネスとして運営しにくいということがあると思います。 前述のとおり、AO入試は、その学部が求める独自の人物像を選ぶため、入試形式が一般入試と比べて多岐にわたります。それは言い換えると、各大学ごとに、独自の入試形式への対策を行わないといけないということになります。一般入試は、大学により傾向が違うとはいえ、「5科目のテストを受け、高得点をとる」という形式は変わらないので、その五科目に関する授業は、すべての受験生に共通して有益なのです。しかし、AO入試の場合、試験の形式から大学によって異なるので、各大学ごとに完全に異なる対策をしなくてはならないので、大きな費用がかかります。その上受験生は一般入試の受験生よりよっぽど少ないので、元が取れなくなる可能性が高いです。それ故AO対策予備校ビジネスはあまり発展をしていません。

2. 結局AO対策予備校って行ったほうがいいの?

話が少しずれてしまいましたが、結局何が言いたいのかというと、

AO受験生に予備校は基本的に不要。

ということです。今あるAO対策を行っている予備校は基本的に、英語資格の対策、志望理由書添削、一部大学の筆記試験対策を行っておりますが、

英語試験対策はわざわざAO対策予備校で高い授業料を払い受ける必要もなく、志望理由書対策も、学校の先生に添削してもらうので充分

なので、それならば一部大学の筆記試験対策のみAO対策のためだけに予備校に通う意味があるかなと私は現役時に感じました。それ故、基本的にはAO入試対策は志望大学が

独自の筆記試験を課されている場合のみ


その講座のみAO対策予備校で受けるのがよいだと思います。志望理由書の最初の書き方、英語試験のスコアの上げ方や一部大学の筆記試験対策については、当ブログでも今後取り上げていくので、参考にしていただければ幸いです。

3. じゃあAO入試対策にお金をつぎ込むことってないの?

予備校も基本的に通う必要がない、対策も基本的には学校にお願いしておいたらいい。じゃあAO対策でお金って損何にかからないんじゃないの?と感じられた方もおられるかもしれませんが、そういうわけではありません。というのも実は

英語技能検定受験や対策に膨大なお金がかかります。

予備校に通う必要がない代わりに、そのお金は英語検定試験の受験料や、その試験の対策費用になってしまいます。たとえばAO入試の出願で一番主流とも言われているTOEFL iBT試験は、一回の受験で日本円にして二万円以上が受験料として発生します。また、TOEFLは純ジャパにとっては非常にレベルの高い試験内容となっていますので、対策なしで受験しても多くの場合良いスコアをとることは基本的に難しいです。よって、この試験対策を行っているオンライン講座や参考書の購入費用にも、それなりの費用が発生します。このように、AO入試対策は予備校が不要だからと言って一概にお金がかからない受験方式というわけではないです。

英語話せる系日本人になろう : NativeCamp

今なら無料体験レッスン申し込みで、7日間、何度でもレッスン受け放題! 毎日一回ジュース我慢するだけで、スマホで英会話して、日本にいながら留学生並みの英語力を手に入れることのできる時代。