旧帝大!早慶上智!本当にその志望校でいいですか?~海外大学という選択肢~

2018年2月18日AO, TOEFL, 一般入試, 合格, 帰国子女, 海外, 海外大学

「将来大学は旧帝大に行きたいなー!」「私は関関同立!」「東大とか最強www」日本の受験生はよくこのような話をしているのではないでしょうか。東大京大、旧帝大、早慶march、関関同立など、日本には大学を偏差値基準でまとめた呼称が存在し、それらは多くの受験生から目標大学を決める際に大いに参考材料として取り入れられていることも事実です。しかし、本当にこれらのような志望校の決め方でいいのでしょうか。私は違うと考えます。タイトルの通り、今回の記事では海外大学進学も視野に入れるべきであるということを書きたいと思います。

自由の女神の写真


選択肢は多ければ多いほど良い。

あなたはどのように志望大学を決めますか?偏差値が高い大学に合格したい!目指すのだから東大京大でしょ!このように考えそれで予備校に高い授業料を払い勉強に本気で打ち込み見事志望大学に合格し大学へ進学する。あまりにも多くの受験生がこのような過程を通り抜けていると思います。(私ももともとこのような気質がありました。)これが悪いといいたいわけではありません。事実難しい大学に合格して進学すれば褒められることがほとんどでしょう。しかし本当の大学に進学する目的は何なのでしょうか。合格することが一番大切なことなのでしょうか。

大学は自分の理想の将来像を手に入れることを助ける教育機関です。

簡単に言うと、何か達成したい将来像があり、それに大学での教育が必要であるならば大学に行けばいいし、そのさらに一歩おくての目標がないならばそもそも大学に行く必要はないということです。その最終目標ができた時点で、ではそれの達成に大学が必要なら、最も貢献してくれる大学を選びましょう。

あなたに最も適している大学に進学しよう。

選択の写真

話がずれてしまいましたね(笑)。このような流れで大学に行く必要ができ、大学を選ぶならば、大学のネームバリューや偏差値って関係ないですよね。偏差値がとても低くて、ネームバリューがない大学でも、自分の目標が達成できればそのために大学に通うのですから。それ故、選択肢の数はとても重要になってきますよね!最も自分のやりたいことに近いことができる大学を選ぶためにも、選択肢を日本だけでなく世界に向けることはとても重要なことなのです。

スポンサーリンク