上智大学の推薦入試:公募推薦ってどんな入試?

上智大学の推薦入試:公募推薦ってどんな入試?
The following two tabs change content below.

ニート芸人

■純ジャパTOEIC900(大1)TOEFL iBT94(高2)■AO入試不合格でブチ切れて予備校なし3か月独学で早稲田文系一般合格■http://zyuken.info の管理人■メディア・SEO・コンテンツSEO学習中(現在1万pv/月 36記事)■Google adsense,A8利用■現在早稲田2年(仮)■電子ゴミトレーダー始めました←New

 

この記事を読んでわかること
・上智の公募推薦に合格するためには何が必要か?

・公募推薦受験での落とし穴とは?

上智大学の推薦入試の仕組みと注意点

上智大学の写真

これまで多くのAO入試に関する記事を書いてきましたが、実は上智大学はAO入試を実施していません。というのも、タイトルを見ていただいた方はお分かりだと思うのですが、上智大学はAO入試の代わりに、公募推薦入試というものを実施しています。今回の記事ではこの公募推薦入試についてまとめていきます。ちなみに筆者は、第一志望が他大学でしたので、受験したくてもできませんでした。(詳しくは記事をご覧ください)

公募推薦の特徴① 学校長からの推薦状が必要

AO入試は志願者が出願資格を満たしていれば誰でも出願が可能なのに対し、公募推薦入試は、志願者が出願資格を満たすとともに、志願者の通う学校長からの推薦状が必要となってくる。

 

公募推薦の特徴② 推薦入試でも出願=合格とは限らない

 

パン太くん
パン太くん
俺、上智の外語の公募推薦受けれることになった!推薦書も校長先生に書いてもらったし、もう俺は受験生生活の終わりも近いぜ!
けろ男
けろ男
え、公募推薦って出したら受かるの!?そんなことなかった気がするんだけどな、、

ポイント
公募推薦は普通に落ちる

上智大学では、大きく分けて、大学学部入試では、以下の5種類の入試形式を主に行っています。各入試形式ごとに、倍率を確認しておきます。

指定校推薦入試 基本的に全員合格 (1倍)
公募推薦入試 それなりに落ちる (1.2-5.9倍)
神学部推薦入試 基本的に全員合格 (1倍)
一般入試 (TEAP含む) 難関 (3.3-12.5倍)
カトリック高校 ほとんど1倍台 (1.0-3.0倍)

この様に基本的に上智大学の公募推薦入試は、推薦入試という名前ながらも、イメージとは少し異なり、高いところでは、三倍ほど倍率があります。それれゆえ、当然ながらちゃんと受験しても不合格になる可能性は、十分にある入試です。

公募推薦の特徴③ 合格したら蹴れない!?

大切なことの写真

基本的には学校長からの推薦状が必要な以外AO入試と基本的には変わりません。しかし一つ補足的に述べておかないといけないこととして、上智の公募推薦入試は基本的に合格した場合、蹴ることができません。言い換えると、

 

ポイント
上智の公募推薦入試はどの学部も原則専願扱い

なぜならば、AO入試は一般入試と同様、推薦状が不要なため、学校の名前を背負う必要がありませんが、公募推薦は、推薦状が必要なため、学校同士の信用の元に成り立つ入試制度なので、大学側から合格をもらったのにそれを辞退することは高校側から控えるように半強制されます(筆者が受験生だった頃にもこのルールはしっかり存在しました。そのせいで私は第一志望が上智以外だったので上智の公募推薦を第二志望以降で受験することはできませんでした)。

 

なので、もし第一志望が上智大学以外である場合は、基本的に受験することは難しく、もしその第一志望の大学の合格発表の後に上智の公募試験の試験日があるのならば、最悪第一志望の大学の合格通知を受け取っていれば、上智の公募推薦の試験日に試験を受けに行かなければほぼおそらく不合格になると思うので、上智を公募推薦で志望順位が2位以下でも受験することができます。

 

もし第一志望に合格していたとしても、この情報を知らず、上智にも合格してしまったら上智に進学しないといけなくなってしまいます。こうなってしまうと、悔やんでも悔やみ切れないですよね。なので絶対各入試関係の日程の把握は怠らないようにしましょう。

 

AO入試との違いは?何を対策すればいい?

 

上で述べた通り、大きくAO入試と異なる点というのは、学校長からの推薦状が必要になってくる点や、受験すると全て専願扱いになる点など、事務的な点で大きな違いが出てきます。では入試対策はどうなの?ということが、受験生が一番知りたいところになってくると思いますが、

 

基本的に上智の公募推薦を受験するにあたって受験対策として取り組まないといけないことは、ほぼAO入試と変わらないです。

 

上智公募推薦にて出願時に必要な書類、また筆記試験などとしては

必要課題 筆者の個人的予想(AO受験経験者として)
①自己推薦書(1000字程度) !!!めちゃ重要!!!
②各学部・学科が課すレポート !!!めちゃ重要!!!
③英語技能検定のオフィシャルスコアレポート 基準基準満たしてたら基本大丈夫
④評定平均(評定平均4.0以上) 基本基準満たしてたら大丈夫
⑤各学科の独自試験 !!結構重要!!

などが挙げられます。より詳しい評定平均や英語技能資格についての情報は、受験する学部によってバラバラで、学部によっては非常に要件が高かったりします。ある学部では出願最低TOEFLスコアが42点のところもあれば、高いところでは79点必要であったり、また出願に使える英語資格試験の種類も学部によって異なるので、自分の受験する学部について、上智大学公募推薦入試出願条件から確認してください。

出願書類や入試内容をみてもわかる通りもう一度述べましたが、一般的なAO入試の対策と行うべき対策はあまり変わりません。

※神学部推薦入試については、キリスト教系の学校及び学部で行われていおる独特な入試形式なので今後別に記事を作成する予定です。

 

 

上智の公募推薦入試での勝利の鍵

英語試験と評定は超えてて当たり前。勝負は他で決まる。

進路の写真

 

上智大学の推薦入試の特徴として、比較的多くの学部学科で、公募推薦入試が行われているということがあります。一般的な私立大学では、AO入試を行なっていない学部なども見受けられますが、上智大学では基本的に全ての学部で公募推薦入試が行われており、おまけに国際教養学部に関しては一般入試が行われておりません。

 

話がずれていまいました。では何が言いたかったのかというと、国際教養学部のように、他の大学にも似たような学部があり、AO入試などで受験者が多い学部を受験する場合は大丈夫なのですが、あまり併願先がないような学部、例えば文学部新聞学科などでは、当日の筆記試験の内容もとても独特なものになってくるため、そのための対策を行っても他の大学や学部の入試に生かすことが難しいという反面、そういった学部ではその学部学科への適性の高い人を入試で取り入れるために、英語技能試験などのハードルは少し低めに設定しておき、当日の独自試験や面接などが合否判定時により重視される。ということが多いです。

大切なのでもう一度言います。これは公募に限らずですが、独自試験や課題や面接が一番重要です。

なので、そういった学部が第一志望の場合、出願資格を満たしていれば、当日の筆記試験をメインで対策することで、一般入試で合格するよりもより入りやすくなると、私がAO入試専願という受験生生活をした中で、感じました。

なので、例えばもうどこか早くに滑り止めの様な進路が決まっている場合で、第一志望のために公募入試を受けるのならば、英語資格や評定にはあまり時間をかけず、その学部独自のことに力を注いだ方が、合格の可能性は高まると思います。なぜならこれは何度もいっていますが、大学は推薦入試にて、例えば英語が非常にできたり、学力の高い生徒を合格させようとしていないからです。その枠は一般入試なのです。なので、英語資格や評定は、高ければ高いに越したことはありませんが、とにかく基準をこえたらまずはよしとしましょう。そして他のことに時間を割きましょう。

ただしこれはもう滑り止めがある場合です。もし滑り止めがなく、公募の独自試験の対策のみに時間を割くというのは、当然ながら、非常にリスキーなのは明らかですよね。あとからの一般入試で勝負しないといけなくなった際に、それまでの勉強があまり活かされないのですから。

なので、公募推薦の対策に全てを捧げてしまうと、もし不合格だった場合、進路変更がしにくいというリスクを理解した上で、自分が公募にはどれだけの労力を割くのか、一般入試にはどれだけ割くのかを戦略的に考えて入試に臨む必要があります。

月々980円で神講義受け放題:スタディサプリ

2018年度は1144名早稲田大学合格!予備校があなたの大学を決めるわけじゃない、あなた自身の能力があなたの大学を決めます。 予備校なしでスタディサプリ一本で受験対策を行うもよし、予備校メインで自分の苦手範囲を補強するのにもよし。 月額980円であなたに最適な対策講義を受け放題。