【2018ランキング】早稲田の英語の難易度って実際どんなもん?

【2018ランキング】早稲田の英語の難易度って実際どんなもん?
The following two tabs change content below.

ニート芸人

■純ジャパTOEIC900(大1)TOEFL iBT94(高2)■AO入試不合格でブチ切れて予備校なし3か月独学で早稲田文系一般合格■http://zyuken.info の管理人■メディア・SEO・コンテンツSEO学習中(現在1万pv/月 36記事)■Google adsense,A8利用■現在早稲田2年(仮)■電子ゴミトレーダー始めました←New

記事が良ければ、上のはてブ!でいいねをよろしくお願いします!励みになります!

こんにちは、管理人のIkeda(@sokei_zyuken)です。今回は前回に引き続き、早稲田英語ということで、特に「難易度」ということについて触れていきます。早稲田だけあって、もちろん簡単というわけではありませんが、問われる力が一部学部にとっては違ったり、全体的な難易度も学部によって実は大きなばらつきがあったりするので、それらについても触れていきます。


この記事を読んでわかること!

・早稲田の英語で問われてる英語力はどんな力?
・英語が得意な人が受かりやすい学部はどこ?
・早稲田レベルの英語力をつけるのにかかる時間は?

早稲田で問われる英語力のタイプ

 

パン太くん
パン太くん
ケロ男くんはどこの大学うけるの?
けろ男
けろ男
東大!一年後入試だから、今は京大の過去問で勉強してるよ!難易度も似ててすっごい練習になってるんだ!
あれ、京大って、日本語訳の問題とか多いんじゃなかったけ?
まあそうだね!でも東大と難易度似てるから、とても効率よく勉強できてるよ!
パン太くん
パン太くん
東大って日本語訳させる問題の出題って少ないから、効率よく対策を行いたいのなら、関東の難関大学の過去問をやったほうがいいんじゃないのかな?。。。でも関東の入試の英語の傾向ってそもそもどんなんなんだろう。。

【関東型=早稲田型】英語を英語のまま理解する力

前回の【選び方&進め方】早稲田英語に特化した最強参考書10選by現役早大生の記事にても触れましたが、早稲田の英語は、東京の大学ということもあり、典型的な関東型の出題形式に従っているということができます。

簡単に関東型と関西型の英語入試というものをざっくり説明するとすれば、

<関西型=not早稲田型>

  • 長文が比較的短い
  • 文章が短い分、各文章の細かいニュアンスまでが問われている
  • 長文中の一文を指定して訳させたり、説明させるように、一点に注目するものが多い
  • 訳や説明は、日本語で行われるものが多い

<関東型=早稲田型>

  • 比較的に超長文のような、「ボリューミーな長文」が出題されやすい
  • ボリュームは多いものの解答時間は長くないので、「広く浅く」情報を処理していくスキルが求められている
  • 関西型とは対照的に、設問のフォーカスは文章全体に当てられていることが多い
    ex:第○段落の趣旨として適切なものを選べ
  • 設問から回答まで、すべての思考を英語のみで完結できるものが多い=「英門英答

といったようになります。早稲田の英語の性質としては、明らかに下の関東型の傾向に沿っているということが言えます。

関東型の性質がよく表れている早稲田の英語の入試問題の例としては、、

 早稲田国際教養:段落趣旨問題および内容一致問題

2018年度からは、早稲田国際教養の英語では、リスニング問題が廃止され、その代わりにTOEFL等の英語技能資格試験が導入されるなど、大きな変更年となりました。

そのような大きな変更の中でも、国際教養学部らしい出題形式というのは、継続されました。

早稲田の段落要旨の例題(文言一部変更)

以下の例題(本番の形式では、もっとパラグラフや選択肢の数が多いです。)が、国際教養学部および法学部の英語で長い間必出となっている段落の要旨を問う問題となっています。各段落について要旨をまとめた一文が完成されるように、以下のABCDの中から適切な選択肢を各パラグラフごとに選ぶ問題となっています。

要旨をとること自体は簡単なのですが、なにせ読まないといけない文章量が長いことによって、各パラグラグ一つの趣旨を読み取るのにかけることができる時間が非常に限られているので、結局問題の難易度は、早稲田の中でも、非常に高くなっていると言えます。

結果的に、文章全体を、浅い理解度で、しかし正確に素早く理解することがここでは求められていますので、典型的な関東型英語の入試問題であると言えます。

Read the following passage and answer the questions below

本文

(1)  Choose the best way to create the sentence which follow the contents of the paragraph

 1. In paragraph 1 the author                       2. In paragraph 2 the author
3. In paragraph 3 the author                        4. In paragraph 4 the author

A argues that zyuken.info is a nice website where students can study English.

B argues that the supervisor of the zyuken.info is not good at English.

C argues that learning English is not beneficial for people living in non-English speaking countries.

D denies that zyuken.info always offers information which benefits kids.

これらの超ヘビー級の文章を短時間で処理するためには、他大学の英語長文対策と同様の対策をしていても、当然すぎますが、太刀打ちできるわけがありません。最低でも、ある程度のパラグラフリーディングと呼ばれる、「速読」スキルをもにつけておく必要があります。

特にパラグラフリーディングというのは、どの本で取り組んでも基本概念は変わらないので、どれでも大丈夫ですが、私が現役受験生時代には、以下の参考書にてパラグラフリーディングスキルを身につけました。

金欠でも買えてかつ河合塾監修ですので、パラグラフリーディングスキルをエスカレーター式で習得できますので、非常にオススメです。

英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編 河合塾SERIES

英語長文読解の王道 パラグラフリーディングのストラテジー (1) 読み方・解き方編 河合塾SERIES

島田 浩史, 米山 達郎, 福崎 伍郎
977円(12/15 14:58時点)
発売日: 2005/08/01
Amazonの情報を掲載しています
パラグラフリーディングのストラテジー (2) (河合塾SERIES―英語長文読解の王道)

パラグラフリーディングのストラテジー (2) (河合塾SERIES―英語長文読解の王道)

島田 浩史, 米山 達郎, 福崎 伍郎
977円(12/15 14:58時点)
発売日: 2005/12/01
Amazonの情報を掲載しています

早稲田の内容一致問題の例題(文言一部変更)

こちらの問題は、10個程度ある英語文の選択肢の中から、本文の内容と一致するものを指定個数分、選ぶという問題です。

こちらも、文章全体から判断して、本文と一致しているものを選べという指定しかないので、仕方なく本文全体をサクッと読んで、下の選択肢を読み、そこからもう一度思い出して該当箇所に戻る、という方法を行うしかありません。

やはり文章全体を読んでいないと設問が解けないので、こちらの問題も典型的な、関東型の英語入試の傾向の典型例といっても良いでしょう。

先ほどの「段落要旨選択問題」とは異なり、各パラグフごとに答えが一つずつ存在するといったルールも存在しないのでこちらも難易度は最高評価の☆5にしています。

(2)Choose FOUR statements which follows the contents of the passage. DO NOT choose more than FOUR.

A The author is skeptic about the validity of the new mining method.
B The author denies that the old way of mining is no longer used.
C The students is cited as a person who were one of the member of the new mining  program.
D The result of the mining research was fake.

こちらのタイプに関しても、基本的にパラグラフリーディングを習得しておくことで、対応が可能です。

パラグラフリーディングにより各段落の要旨を捉え、メモしておき、全文を読み終えてから、選択肢の文章を読み、そのような内容についてはどの文章で述べていた、より正確には、そのような文章は論理展開を踏まえるとどの段落で述べられるべきかということを推測し、文中から該当箇所を探します。

練習問題としては、TOEFL iBTのリーディング問題が非常に有効です。TOEFLのリーディングは全て内容一致問題と言っても過言ではありませんので、非常に有効な対策となります。演習問題もほぼ無限と言って良いほどありますので、演習を積み重ね、内容一致を得意な大門にすれば、点数も必然的に安定してきます。

TOEFLテストリーディング問題270 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

TOEFLテストリーディング問題270 4訂版 (TOEFL(R)大戦略)

田中 真紀子
2,268円(12/15 14:58時点)
発売日: 2014/02/21
Amazonの情報を掲載しています

早稲田文化構想:一文要約問題

早稲田文化構想の英語の最終大門の定番問題は、400words程度の英語長文を読み、その長文についての要約を、英語で4 to 10 wordsで作れ、なお文章の始まりは、こちらが指定する内容に続け、という問題になります。

長文のボリュームも400words程度とはいえ、問題一つのためだけに400wordの文章を読まないといけないと考えると、やはり、ボリューミーな文章を浅く効率的に読めるような、「速読」のようなスキルも必要であると言えますよね。

問題数から考えても明らかにこの大門に長時間避けるわけがないので、この問題も、しっかり短時間で読み切り、主旨を見つけ出し、それに触れながらサマリーを作ることを求められており、関東型であり、そして難易度も高めと言えます。

Ⅴ Read the following passage and make a summary in 4 to 10 words in English. The beginning of the summary must be the one written below.

本文

The influence of the globalization is,,,,,,

早稲田受験生必見!点数標準化の罠〜合格最低点を超えても不合格!?〜

早稲田英語、学部別難易度ランキング

第一位:国際教養学部

やはり総合難易度で行くと、国際教養学部の難易度が一番高いと言えるでしょう。自由英作文、日本語での要約に加え、これまではリスニング試験、これからは高いレベルの英語資格試験が要求され、長文読解に関しても、法学部と並んで、早稲田大学の英語入試の中では最長クラスの、超長文を、限られた時間の中で処理する必要があり、それでも例年英語の受験者平均点は低くても半分は切らないことから、総合的にも早稲田の英語試験の中では難易度が最も高いと言っても謝りないでしょう。

【2018早稲田国際教養】2017年度受験者の私から見た2018年度入試の難易度は?合格最低点は?英語資格の平均点は?

問題自体の難易度  ☆☆☆☆☆
合格必要な割合  ☆☆☆☆
総合難易度  ☆☆☆☆☆

第二位:法学部

国際教養学部に並んで、早稲田で最長クラスの超長文が出題される早稲田大学法学部。リスニング試験や英語資格の提出こそないものの、それでもあの分量の超長文を出題する学部は国際教養学部を除くと他にはありません。文章の出典元も国際教養学部同様、多岐に渡ることから対策が難しく、法学部の英語の難易度は非常に高いと言えます。

【2018年度早稲田法学部入試】予想合格最低点は?難化?易化?数学選択は不利?

問題自体の難易度  ☆☆☆☆☆
合格必要な割合  ☆☆☆
総合難易度  ☆☆☆

第3位:政治経済学部

早稲田大学の看板学部として有名な政治経済学部。他の科目の難易度もさることながら、英語の難易度も非常に高いものとなっています。

【2018早稲田政治経済】予想合格最低点は?他の受験生は解けたの?素点は?

問題自体の難易度  ☆☆☆
合格必要な割合  ☆☆☆☆
総合難易度  ☆☆☆☆

【早稲田】英語ができたら受かりやすい学部、受かりにくい学部

英語好きが受かりやすい学部(学部名 英語が満点に占める割合)

第一位 : 国際教養学部 50%

第二位 : 法学部、商学部、スポーツ科学部 40%

第三位 : 政治経済学部 39%

英語が苦手な人が受かりやすい学部

第一位 : 人間科学部、教育学部 33%

第二位 : 文化構想学部、文学部 37%

第三位 : 社会科学部 38%

早稲田を目指すあなたへ

早稲田の英語レベルに到達するために必要な時間

単純にどれだけ時間がかかるといっても、各個人の現在の学力であったり、学習のスピードによっても、合格レベルに到達する難易度も変わってきます。

よって本来当然のことなのですが、早稲田合格レベルの英語スキルを身につけるまで、どれだけ時間がかかるということは、もちろん定数で表すことはできません。

客観的な指標としてあげられることは、以下のようなことでしょうか。

一から遡って考えてみましょう。

全国に、大学受験志望者数というのは、68万人いるとされています。

また早慶レベルより上の大学を、仮に地方含む旧帝大とすると(ここは意見が分かれるので、早慶がわかりやすく、全ての旧帝大より下で、それに次ぐ難易度であると仮定しておきます。)

旧帝大の募集人数(実際の合格者数とは一致しないので、おおよその参考の値となりますが)は、文系5400人、理系11500人となっており、早稲田は文系3400人、理系1000人。慶應は文系2800人、理系は9000人となっています。

おおよその受験生が、より難易度(偏差値)の高い大学を志望する、およびおおよそ早稲田、慶應は旧帝大についで日本国内で難易度の大学であると仮定すると、、、

680000人(全国の受験生)のうち、少なくとも、16900(前旧帝大の文系理系両方の募集人数の合計)を越える必要はありませんが、残る663100人の中で、上位16200に入らないと、単純計算では、早稲田、慶応の難易度では合格できないということになります。

わかりやすく言い換えると、663100÷16200=40….ということで、ランダムに受験生を40人集めた時に、その中で一番である程度の学力である必要があります。

ポイント!
早稲田・慶応の入るためには旧帝大に合格する受験者数を除いても、40分の1に入らないといけない!

月々980円で神講義受け放題:スタディサプリ

2018年度は1144名早稲田大学合格!予備校があなたの大学を決めるわけじゃない、あなた自身の能力があなたの大学を決めます。 予備校なしでスタディサプリ一本で受験対策を行うもよし、予備校メインで自分の苦手範囲を補強するのにもよし。 月額980円であなたに最適な対策講義を受け放題。