【鉄板】いいから早稲田の英語はこう対策しろfrom現役早大生

【鉄板】いいから早稲田の英語はこう対策しろfrom現役早大生
The following two tabs change content below.

ニート芸人

■純ジャパTOEIC900(大1)TOEFL iBT94(高2)■AO入試不合格でブチ切れて予備校なし3か月独学で早稲田文系一般合格■http://zyuken.info の管理人■メディア・SEO・コンテンツSEO学習中(現在1万pv/月 36記事)■Google adsense,A8利用■現在早稲田2年(仮)■電子ゴミトレーダー始めました←New

こんにちは。Ikeda(@sokei_zyuken)です! 今回は、私立最難関大の一つ、早稲田大学の英語対策についてまとめていきます。前回の記事では、早稲田の英語の難易度について、まとめました。その中でも触れましたが、早稲田の英語、特に文系は、私立最難関大学ということもあり、非常に難しく、また学部別に傾向も大きく異なるので、対策というものも、複雑で、学部によって大きく異なってきます。今回の記事を通して、自分の受験する学部の英語は、どのような特徴があり、どのような対策が必要なのか、理解し対策を行うようにしましょう。

 

この記事を読んでわかること!
  • 早稲田の英語のミソは、敵を知る事にアリ。
  • 早稲田の英語に効く速読スキル2選

早稲田英語対策③早稲田対策の肝は「敵を知る」こと。

早速ですが、これは英語だけに限った話ではないのですが、早稲田志望の受験生は、

 

ポイント
早稲田・慶応志望の受験生は、自分の受験する学部の入試形式を徹底的に分析する
ということを絶対忘れないようにしてください。

というのも、、、

パン太くん
パン太くん
早稲田・慶応の一般入試では、学部個別日程しかないんだよ!!!(ドヤ)
けろ男
けろ男
それがどうしたの? 他の有名私立大学も、学個別日程でも入試があるよね?
パン太くん
パン太くん
分かってないなぁ! 全学部統一日程のように、全学部で共通の入試をやってくれたら、もし第一志望が他大学であったり、とにかくその大学に入りたいだけ!という場合は簡単じゃんん?
けろ男
けろ男
なるほど
パン太くん
パン太くん
だから逆に、早稲田の特定の学部を志望する受験生は、志望する学部の独自の入試問題を、過去問などを通して対策を極めることで、そこで第一志望が他大学や、早稲田の他学部の受験生と、とっても大きな差がつけられるんだよ!

ということで、簡単にまとめると

早稲田・慶応 学部個別日程のみ(受験チャンスは全員1学部一回のみ、各学部ごとの独自の入試問題)
GMARCH・関関同立 学部個別日程及び全学統一日程(受験チャンスは複数回、入試も複数学部間で共通の入試問題)

ということになります。

早稲田の英語:「英語を英語で解け!」

これまでの記事を読んでいただいている方にはもう何度もお伝えして来た内容になりますが、早稲田の英語の入試は、典型的な「関東型」の傾向にそった出題をしており、対策を行う際も、その傾向に従った対策をしてあげることが非常に重要になって来ます。

簡単にどのような対策が理想かというと、「英語を英語で解く」力が必要になって来ます。

早稲田の英語の傾向として、非常にボリューミーな文章を比較的短時間で読ませることや、長文を読んでそれらの趣旨ん関する問題であったり、要約を作らせる問題は非常に頻出の内容となっています。

基本的にどの問題でも、語数が非常に多く、設問も回答も全て英語で行われることがほとんどなので、ここで英語の文章を脳内で日本語として理解し、そこからもう一度設問を解く際に脳内の日本語の内容を再び英語にするといった作業をしていたら、到底試験時間内に問題全てを解き終えることは不可能でしょう。

そのような事態を防ぐためにも早稲田の英語の問題を解く際は、

「英語を英語で思考、理解し、英問に答える」

ということが必要になってきます。

早稲田英語対策①使えると超強い英語スキル3選

パラグラフリーディング=速読のための最強スキル

早稲田などの、関東難関大学の英語で近年頻出となって来ている、超長文ジャンルの長文問題の対策の半分ほどは、この「パラグラフリーディング」がミソになってくると考えています。

早稲田国際教養や、慶応SFCなど、関東難関大学、そして特に国際系各部の英語入試問題は、非常に分量のおおい「超長文」を出題しています。

これらの学部に限らず、早稲田でしたら法学部等、英語で超長文を出題する学部を受験する際に、簡単に表すとすれば、「ボリュームの大きい文章を、短時間で処理できる : 速読」のようなスキルがないと、全く対応できません。

早稲田志望の私の受験生時代には、いろいろな速読に関するスキルを自分で調べて、断片的に使うというようなことをしながら、速読できるようになっていきましたが、勉強を重ねるにつれ英語速読の対策としては、「パラグラフリーディング」をマスターすることが一番効率よく速読対策を行えるということに気がつきました。

そこで今回は、英語速読法:パラグラフリーディングについて簡単にまとめてみます。

スキミング (skimming)

スキミングとは、英語長文を解く際に、素早く英文を読み解くのを助けるために行うスキルの一つです。

具体的には何をすればいいのかというと

長文を読み始める前に、まず各パラグラフの第一文を読み、おおまかな文章の流れを把握するべし

ということになります。

これが実は非常に有効で、例えば早稲田の文化構想の最終問題で、一つの長文を読んで、一文で要約を作るといった問題であったり、国際教養学部の超長文で、各パラグラフの趣旨を表している文章を選ばせるような、長文の広く浅い理解を問う問題であれば、もし時間がなくなった時などは、最悪このスキミングのスキルから、各パラグラフの一文目のみを読んで回答する事ができます。

スキャニング (scanning)

スキャニングとは、なにが文章を読むときに、欲しい情報が明白な場合に有効な読法になります。

なのでこれは当然早稲田に限らず、あらゆる大学の英語で使えるというわけですね。

簡単にスキャニングとは何かというと、読書のように、何も考えず読むのではなく、具体的にはどのような情報が欲しいから、どのような情報やキーワードに注意して読もうという読み方になります。

問題を解くときであれば、まずは問題文を読み、そうしてどのような情報を抜き出さないといけないのか理解してから、その情報を文章に探しに行くという感じですね。

基本的にこれは上で解説した「スキミング」と組み合わせることで最強になります。

例えば設問が、「電球の開発されたのは何年か?」といった問題だったとします。

この設問を読み、本文を読むときは、電球の歴史や、一般的な情報が述べられるであろう段落をスキミングから推測し、可能性の高いパラグラフを集中的に読むということになります。

こうすることで、長文全ての部分を気合いを入れて読む必要がなくなり、非常に試験時間に余裕が出るようになるので、ぜひ英語長文を解く際は試すようにしましょう。

単語力

何を当たり前のことを言ってるんだ!と言われたらそれまでなのですが、この単語力というのは私がこれまで他のページでもなんども言っている通り、非常に重要です。

英語を学習する時間の半分を英語にかけても、問題ないと言っていいでしょう。それほど単語学習は重要だと考えています。

単語がわからなければ、いくらスキミングやスキャニングのスキルが身についていたとしても、意味がありません。

特に早稲田の英語では、非常にボリュームのある長文を読む必要があるため、いちいちわからない単語に出会い、その度意味を頑張って思い出そうとしたり、推測しようとしていては、到底時間が足りません。

なので、とにかく単語はできるだけ早い段階から、習慣化して学習して行くようにしましょう。

早稲田の英語のための英単語対策及び学習法は、以下の記事にて深く開設しているので、ぜひご覧ください!

【選び方&進め方】早稲田英語に特化した最強参考書10選by現役早大生

早稲田英語対策②類似出題の学部過去問で実力up

早稲田大学の英語の中でも、特に独自の出題形式に走っていて、他にいい対策を行える教材がない!という場合は、出題形式が類似している学部の入試問題を解いてみるのも一つの手です。

私が現役受験生だったとき、死亡学部は国際教養学部だったのですが、あまりにも英語の入試形式が特異すぎて、(超長文が長すぎて)対策に使える外部の問題を探し出すのに苦戦していました。

そんなときに途方にくれ、書店で手に取った本がこれでした。

早稲田の英語[第8版] (難関校過去問シリーズ)

早稲田の英語[第8版] (難関校過去問シリーズ)

武知 千津子
2,138円(12/15 16:23時点)
発売日: 2018/02/24
Amazonの情報を掲載しています

この赤本には早稲田の全学部の英語の過去入試問題が掲載されています。

この赤本を一冊やれば、基本的に各学部の英語試験の形式も理解でき、自分の受験する学部と類似内容を出題している学部もみつけることができるので、非常に対策の効率アップにもってこいな一冊です。

早慶模試の正しい使い方

 

河合塾主催の「早大・慶大オープン」という、早稲田受験生なら必須受験かのような名前の模試が存在しますが、まず結論から述べてしまうと、この模試に関しては、まあ早稲田受けるなら、一応受けておけばいいんじゃない?ぐらいの意気込みで望めばいいと考えています。

というのも、第一にこの模試では、早稲田の各学部の個別入試の問題における学力を詳細に測ることはできないし、仮にできたとしても今度はでは当該学部の受験生が確実にこの模試を受けに来るとは限らないからです。

そのため、この模試を受けるとしても、模試を受ける目的としては、単純に自分が「早稲田志望の受験生の中での現状の基礎学力を知る」ということのみになってしまうでしょう。

それならば、より受験者数が多い、それゆえ情報としもより実情に近い大手の全国統一模試を受ける方がいいのではないのかということになってしまいます。ただ模試の受験回数を増やす、もしくは当日同じ場所で受験する受験生と同じ環境で問題を解くという、メンタル成長のためと割り切って受験するべきでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。早稲田の英語は、当然私立最難関ということもあって、どの学部でも非常に難しいです。

しかし第一志望が早稲田の人は、正直言って、有利です。国立第一志望であったり他大学が第一志望の受験生は、うける早稲田の学部の学部独自の問題に丁寧に対策している時間はないですからね。

本当に早い段階から「第一志望は早稲田のこの学部」と決める事ができていれば、きちんとその学部に特化した対策を計画を立てて行えば、合格まで、ぐっと効率的に進んでいく事が可能だと思います。

月々980円で神講義受け放題:スタディサプリ

2018年度は1144名早稲田大学合格!予備校があなたの大学を決めるわけじゃない、あなた自身の能力があなたの大学を決めます。 予備校なしでスタディサプリ一本で受験対策を行うもよし、予備校メインで自分の苦手範囲を補強するのにもよし。 月額980円であなたに最適な対策講義を受け放題。