【TOEIC900↑保持者直伝!】TOEICの目標スコア別必要単語数+最適学習法まとめ!

toeic-vocab-number eyecatch スコア

英語学習ならば誰もが避けては通れない「単語学習」。TOEICでも当然単語学習は必須ですね。ということでTOEICを受ける、もしくはいずれ受けないといけないという方は確実にTOEICの単語学習を行うでしょう。しかし当然学習を始めればすぐいくつかの壁や落とし穴にぶち当たるでしょう。

けろ男くん
けろ男くん

そもそも俺は800点とりたいんだけど、800取るためにはどんだけ単語覚えたらいいんだ??

パン太くん
パン太くん

単語帳かって、ちゃんと一語ずつ日本語訳を暗記してるんだけど、この暗記方法ってあってるのかな?

などといった、少し学習を始めたからこその「悩み、疑問」が出てくると思います。今回はこれらのような「TOEICのために単語学習を始めた学習者」にむけて特にTOEICのスコアと単語数の相関にフォーカスして、初回受験でTOEIC900↑の純ジャパ管理主がTOEIC単語学習の指南書を書いていきます。

準備編:TOEICという敵を知る

TOEICの試験にはこれだけの単語が出てきます。

toeic vocab number image

TOEICの基本的な試験についての情報をまず確認しましょう。TOEICは主にリスニング、リーディングの試験で、実際に試験を解いている時間は2時間となっています。

その中で

①受験者が、耳にする、そして目にする英単語数は約11,000語
②その中から繰り返し出てくる「I,You」などの重複語を除くと2,600語
③さらにその中から動詞や形容詞などの変化系(play,playing,playedなど)の重複単語を除くと最終的に一回の試験で必要な語彙数は約2,100語

となっています。なので、逆にTOEICの試験というのは(これはほぼあり得ないことなのですが、)これらの2,100語が全て自分の既習単語であれば基本的にTOEICテストというのは満点を取れるはずなのです。

けろ男くん
けろ男くん

じゃあ今から頑張ってTOEIC単語2,100語覚えるね!!!そしたら満点とれるんでしょ!?!?

けろ男くんちょっとまって少しよく考えてみて!当然ですが、そんな簡単に満点が取れるはずがありませんよね😂

要はTOEICは以下に自分の単語カバー率を上げるか

toeic vocab cover image

一つ上の見出しにて「TOEICにおいてその試験に出題される2,100語を全て理解、暗記していればTOEICではほぼ満点に近いスコアが取れる」と言いましたが、これは嘘のようで全く嘘ではありません。

しかし当然当たり前ですが、一つ気をつけないといけないことが、「自分の単語数が2100だったとしても、出題される2100語が自分の学習済みの2100語と一致するとは限らない」ということです。

ですので、要は「出題される2100語のうち、自分の知っている単語が何パーセントなのかによってスコアは上下し、それが100%に近ければ近いほど自分のスコアも満点に近づく」ということです。なので、まずは知っている単語数を増やして、当日出題される単語数の既習率をあげようということです。

スコア別目標単語数(あくまで目安!)

こちらは、別記事にてまとめていたものがあるので、そちらの表を参照しておきます。

目標スコア推定必要単語数
400点突破2000~3000語
500点突破2500~3500語
600点突破4000~5000語
700点突破5500~7000語
800点突破8000~9000語
900点突破10000語以上

いざ学習する際に大切なこと

まずは自分の単語力を知る

TOEIC vocab test image

というわけで、いざTOEICの単語学習を開始するといっても、まず現在の自分の単語力を知らないことにはどのレベルからどのレベルや単語数を目標に勉強すればいいのかわかりませんよね。よいうことでまずは個人的には「Weblio単語力テスト TOEIC L&R」というサイトで自身の単語力を簡単なテストをうけて確認することを非常にお勧めします。

↓↓自分のTOEICのスコアをより正確に知りたい人向け↓↓

これで大体の自分の英単力を測定してから、目標の単語数を決めて学習していきましょう。

スコアが500未満=まずは黙って3000単語をゴリ押し暗記

TOEICで出題される英単語には傾向があり、TOEIC頻出ランキングの上位3000語を学習することで、実に実際の試験で出題される単語の95%をカバーできるようになる。

ということです。(参照元:toiguru.jp

けろ男くん
けろ男くん

なになになに??3000語学習したら当日出題される単語の95%をカバーできるの!?!?

そうなんです。けろ男が言う通り、TOEICは対策が行い試験であって、出題される単語には非常に強い偏りが存在します。こちらもtoiguru.jpさんの情報を参照させていただくと、、、

単語数TOEIC試験で出題される単語に占める割合その割合の累積
最頻出TOP1024%24%
頻出上位11〜10027%51%
頻出上位101〜1000
32%83%
頻出上位1001〜300010%93%
頻出上位3001〜6000番目4%97%
6000番目以降1%以上

この表が何を意味しているかというと、、簡単に書き換えると以下のようなグラフになります。

toeic relation between vocab and score

↑上のグラフはX軸が既習単語数Y軸がTOEICに出題される単語のカバー率となります。

このグラフを見ても明らかな通り、最初の頻出単語300語くらいまでは、学習コスパが高いですね。最初1〜3000語までを学習することで、TOEIC試験の出題される単語を95%近くまでカバーできるようになるのに、3000〜6000単語目の3000単語は学習しても、出題単語のカバー率は4%しか上がりません。

ですので、頻出3000までは単語帳などを使ってゴリ押しで完全丸暗記するのが賢いです。というかコスパがいいですね。そして逆に3000単語目以降はゴリ押しで単語暗記をしても正直意味ないです。

なのでひとまず、最初の3000単語というのは、TOEIC試験において目にする確率が非常に高いと言える単語たちばかりです。ですので、これらの単語は

  • 聞いて即座にわかる
  • 聞いた瞬間日本語が瞬時にでるのではなく、英語のまますっと理解できる

レベルに持ち込みましょう。当然ですが、英単語を聞いて、その単語の日本語での意味を数秒かかって思い出しているようでは、当然ですが、リスニングのように速いスピードで英文が流れている場では対応できませんよね。またTOEICは当然設問も英語なので、日本語脳でTOEICに挑む、すなはちいちいち聞こえてきた、読んでいる英語を脳内で日本語に訳して対応していたら非常に時間がロスです。よく言われるような「英語を英語で理解する」ことが可能になることを常にイメージしながら、基礎単語学習に取り組むことが重要です。

↓↓最初の3000語を覚えるためにオススメのアプリまとめ!!↓↓

スコアが700あたりを超えてきた→語源学習で単語数をブーストさせよう

はい。ということでまずは3000語を完璧にしてください。ここが完璧になっていないのにその先を学習しても意味がありません。ですので単語帳やアプリなんでもいいので、最初の3000語を完璧にできれば、そこからは少し単語学習の方法を変えていく必要があります。

というのも、すでに上でグラフで解説した通り、3000単語目以降の単語学習は、超大量に単語を機械的に暗記したとしても、スコアに現れる効果が非常に薄くなってくるためです。

ですのでこれまでのように1語1語地道に覚えていては、スコアアップに絶望的に時間がかかるようになってしまいます。この現象は既習単語数が増えれば増えるほどその傾向が強くなっていきますね。

なのでここで「語源」というあらたな概念を元に「単語学習のスピードをブースト」させないと、スコアが全然伸びないという事態に陥ります。

けろ男くん
けろ男くん

なんだよ単語学習をブーストって!そんあチートあったの!?それ先教えてよ!

はいあります。しかしなぜこれを最初から紹介しなかったかというと、この方法では「より多くの単語を短い時間で習得できる反面、簡単で常識レベルと言われる単語の理解レベルはさらに深いレベルで習得しておく必要があるため」です。

逆に3000語以降の単語というのは、同時に「出題される可能性も低い単語と言えます。ですので、みたときに少し理解するのに時間がかかったとしてもいい代わりに、出題される確率も低いので、大量に単語数を増やさないとスコアに効果が現れません。要はこのような「出題される確率の低い単語」に関しては「広く浅く学習することが非常に重要」ということです

ではその語源を使った単語学習はどのようなものかというと、簡単にいうと「日本語の漢字でいう部首のように、大半の英単語(正確には、ラテン語由来の英単語)もパーツが合体してできていることが多いので、各パーツの意味を理解していたら、そのパーツの集合で出来上がっているその単語の意味もだいたい推測ができる」というものです。これって結構最強で

  • 試験中に出会ったこれまでに完全にみたことのない新出単語でも、前後の文脈がわかっていなくとも単語のスペルの情報からのみで意味が推測できる
  • 日常での単語学習においても、これまでのようにゴリ押しで暗記しなくとも、その学習中の単語の語源を根拠に暗記することで、さらに効率よく単語学習ができるようになる。

といった最強なメリットがあります。(逆に最初に学習すべき3000語のようなレベルの低い単語というのは、簡単な英単語である可能性、すなはちフランス語由来の英単語も多いので語源から遡る方法が使いにくいため、このタイミングから使うのが望ましいという理由もあります。)

これだけ聞いてもわかりにくいと思うので、例を用いて解説します。ではパン太くんよろしく!

実演!語源学習ってどんな風に単語を勉強するの?

パン太くん
パン太くん

はい!ではまず語源から学習するイメージのために、今回は「exclude」という単語を語源を使って勉強してみよう!!

けろ男くん
けろ男くん

了解!でどうやって勉強するの??

パン太くん
パン太くん

まずは「exclude」っていう単語を語源レベルに分解する必要があるよ!けろ男くん、この単語にはどんな語源が使われていると思う?

けろ男くん
けろ男くん

うーん、、よくわかんないな、、

パン太くん
パン太くん

じゃあヒントだすね! 「external, exceed, exellent, excess」「exclude,include,seclude,conclude」いかがでしょう!

けろ男くん
けろ男くん

うーん「ex」と「clude」?

パン太くん
パン太くん

お見事。大正解です。ではここからは少し難しいんだけど、exとcludeの意味ってなんだと思う?ちなみに

external – 外部の
exceed – 上回る
exellent – 素晴らしい
exess – 超える

include – 含む
seclude – 隔離する
conclude – まとめる

っていうのがヒントだヨ⭐︎

けろ男くん
けろ男くん

うーんそれをみた感じだと、「ex」は、「clude」は含むとか持っているって感じかな??

パン太くん
パン太くん

YES!おみごと!じゃあもうだいたい「exclude」の意味もわかったんじゃない?

けろ男くん
けろ男くん

うーんと「」+「持つ」でしょ、、そとでもつ、、除くって感じかな?

パン太くん
パン太くん

お見事!そのとおり!だいたい語源で単語を理解していくイメージはつかめたかな? 今回は最初だからヒントの単語を出しながら勉強したけど、どんどん勉強して、意味を知っている語源が増えれば増えるほど、どんどんスムーズに初見の英単語でも理解しやすくなっていくよ!

お二方ありがとうございました!ということで、語源学習の大まかな流れとしては、まず語源を意識しながら、同じ語源を持つ単語を同時に見ながらその語源の意味を覚えましょう。これを繰り返していると、その語源の意味をかなり正確に体系的に暗記できるようになります。これの繰り返しを行い、「自分の理解している語源の数」を増やしていきます。これが増えれば増えるほど、初見の単語でもおおまかな意味が推測できる確率がどんどん上がっていきます。

この方法用いることで、習得単語数を二次関数的にブーストさせます。そうすることで結果的に「広く浅い単語学習」というスタイルに至って、一定以上のスコアの伸び悩みを回避することができるんです。

特に語源型学習をする際には以下のアプリやサイトを使って語源の確認を行いながら学習することで、非常にスムーズに学習を進めることができます。(アプリの方が非常に便利でおすすめなのですが、なぜか神アプリなのにiOSには対応していません、、ですのでiphoneしか持ってないよという方はサイトを使ってください。)

語源で覚える英単語4700

語源で覚える英単語 4700語 - Apps on Google Play
例えば、「clude」という語源は、「閉じる」という意味を持っています。 「clude」に「dis」という接頭辞を付けると、 「dis(否定)」+「clude(閉じる)」から、「閉じないで見せる」という連想に繋がり、 「発表する、暴露する」という訳に繋がります。 また、「dis」の代わりに「ex」という接頭辞を付け...

Androidのみの対応となっています。

Gogengo!

gogengo toeic vocab origin image
Gogengo! (ゴゲンゴ) - 英単語は語源でたのしく
prepaid は pre「前もって」paid「支払った」が語源で、「前払いの」を意味します。このように語源で学ぶと英単語は覚えやすいです。雑学としても面白いですよ。

まとめ

はい。いかがだったでしょうか。かなりTOEICの単語学習の入門レベルから最後900OVERを目指すところまで、全体をカバーできたと思います。これはどの記事でも書いていることなのですが、英語学習のコアは単語学習にあります。なので逆にいうと、単語学習でつまづくと、英語学習全体でつまづきかけません。ですので、ここまで全て読んでいただけた読者さんはこの時点で途中で長くて読むのをやめてしまった人よりもより高いスコアを残すためにも、あと一歩、この記事に書かれている学習方法をいかに正確に再現するか、ということを意識しながら、実際に学習してみてください。きっと単語学習がスムーズにすすむでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました