私文一般対策

1/2ページ

【参考書編】現役早大生による文系数学最速攻略のやり方

自己紹介 こんにちは!管理人の純ジャパBOY@(名前変えましたが、中の人は変わってないので安心してね!)です!今回の記事のテーマは、文系数学の攻略ということで、そのまま文系数学の攻略方法について、参考書を軸に解説していきたいと思います。筆者は受験生時代、私文が第一志望で、当時はAO入試での合格を目指していましたが惜しくも失敗。11月の不合格より一般対策を始め無事三ヶ月の対策で合格を掴み取りました。 […]

【鉄板】いいから早稲田の英語はこう対策しろfrom現役早大生

こんにちは。Ikeda(@sokei_zyuken)です! 今回は、私立最難関大の一つ、早稲田大学の英語対策についてまとめていきます。前回の記事では、早稲田の英語の難易度について、まとめました。その中でも触れましたが、早稲田の英語、特に文系は、私立最難関大学ということもあり、非常に難しく、また学部別に傾向も大きく異なるので、対策というものも、複雑で、学部によって大きく異なってきます。今回の記事を通して、自分の受験する学部の英語は、どのような特徴があり、どのような対策が必要なのか、理解し対策を行うようにしましょう。

【2018ランキング】早稲田の英語の難易度って実際どんなもん?

こんにちは、管理人のIkeda(@sokei_zyuken)です。今回は前回に引き続き、早稲田英語ということで、特に「難易度」ということについて触れていきます。早稲田だけあって、もちろん簡単というわけではありませんが、問われる力が一部学部にとっては違ったり、全体的な難易度も学部によって実は大きなばらつきがあったりするので、それらについても触れていきます。

【選び方&進め方】早稲田英語に特化した最強参考書10選by現役早大生

こんにちは。管理人の@sokei_zyukenです。最近記事の更新がなくてすみません、、別の用事の方が忙しくて手が回っていませんでした。今回の記事では、早稲田の英語対策、特にどの参考書が便利なのかについて、私の受験生時代に使っていた参考書を軸に踏まえながら、紹介していきます。

早稲田は何割が浪人?一浪で早稲田に合格できる人とは?

こんにちは、管理者のIkeda(@sokei_zyuken)です。今回の記事では、早稲田大学にける、浪人生、現役生の比率について記事を書いていこうと思います。最難関私立大学のひとつある早稲田大学の入学者の何割が浪人生なのか、実際とイメージでは少し相反する部分があると思いますので、表などをもちいて、具体的に分析していきます。

【質問対応・授業の質】早稲田に一番強い予備校、塾はどこだ?

こんにちは。管理者のIkeda(@sokei_zyuken)です。以前の記事にて、私文受験生のための予備校選びについて書きました。今回はまた視点を少し変え、早稲田合格を第一優先に置いた、塾、予備校の選び方について、合格実績から、各種塾の細かい環境などまで、まとめていきたいと思います。

【田村青学受験】予備校は?ロンブーから学ぶMARCH合格に必要な期間とは?

数ヶ月前に一気にネット上で、ロンブーこと田村淳さんがMARCHの一つの青山学院大学を受験するとして、一躍話題になりましたね。本人が仕事の合間を縫うように、専任の講師を雇い真剣に勉強する様子や、受験が終わってからは、受験日までは禁酒をしていたことを告白するなど、本人が話す限りでは、本人なりに真剣に受験勉強に取り組んでいたようです。結果としては田村さんは青山学院大学入試において全日程で不合格となってしまいましたが、なぜ落ちてしまったのか、そしてこれからの受験生のためにも、本来MARCH攻略にはどれくらいの労力と時間が必要なのかについて考えてみました。

【費用編】私文浪人生のための後悔しない予備校選びバイブル完全版

三月。大学に進学するのか、もう一年踏ん張り志望大学をめざすのか。大学受験生にとっては一年のなかで一番大きなターニングポイントといっても過言ではないのでしょうか。今回の記事では、もう一年頑張る。と決めた受験生、特に新浪人生向けに、まずはこれから始まる浪人生活のなかで一番大きなウェイトを占めるであろう、予備校の選び方について考えていきたいと思います。

【関東編】私立全落ち!でも浪人は嫌だ!後期二次募集で浪人回避!

多くの大学の入試日が終わり、合格発表も終わり、さてもう後は入学式を待つだけ!という方は、お疲れ様でした。しかし今日は、入試が終わり、合格発表も終わったけど、いく大学が無いゾっ!!!!って人向けに、最後にもう一踏ん張りする人向けの記事になります。

英語聞こえない!純ジャパのリスニング力をゴリゴリ鍛え上げるおすすめアプリ!

日本人が英語学習を行う中で一番最初にぶち当たり、そして最後まで突破できないことが少なくなくない「リスニング」。日本の学校教育を素直に受けてきた人は、英語を「Read」することは出来るのですが、「Listen」することが出来ません。というのも、少し考えて見ると、日本の中高での英語の授業では、第一に「先生1人に対して生徒40人」そして「文法中心授業」ということが挙げられますね。このような環境から英語を […]