予備校

【質問対応・授業の質】早稲田に一番強い予備校、塾はどこだ?

こんにちは。管理者のIkeda(@sokei_zyuken)です。以前の記事にて、私文受験生のための予備校選びについて書きました。今回はまた視点を少し変え、早稲田合格を第一優先に置いた、塾、予備校の選び方について、合格実績から、各種塾の細かい環境などまで、まとめていきたいと思います。

【内部進学】早稲田に一番簡単に入るルートは?中学?高校?

日本の私立大学のトップに当たる慶應義塾大学、そして早稲田大学。トップですが、早稲田大学なら、52078人、慶應義塾大学なら、33625人という膨大な数の学生が在籍しています。このような膨大な数の学生は、大きく分けて附属校からの内部推薦、外部推薦入試、そして外部一般入試からなりますが、今回は、等部、中等部、高等部、大学と、どのタイミングで入学するのが、結局早稲田大学に入学する方法としては難易度が比較的低いのかについて、考えていきます。

【グラフあり】大学が推薦入試を行うメリットとは?一般入試は衰退?

受験生の皆さん、「推薦入試をしても、賢い生徒って入ってこないじゃん、それより一般入試だけの方が、生徒の学力上がるんじゃないの?」などと考えたことは一度はあるのではないでしょうか。近年は特に私立大学において、推薦入学による合格者の人数割合が非常に高くなってきています。このような変化の理由について今回はグラフなどを用いて考えて見ます。

【AO・公募推薦入試】上智、早稲田国際教養合格に必要なTOEFLスコアは?

早稲田大学国際教養学部、School of International Liberal Arts,(SILS)、上智大学国際教養学部、Faculty of Liberal Arts、(FLA)は、AO、公募推薦入試でリベラルアーツ学部を受験する生徒の併願先として定番なのではないでしょうか。まだ四月、されど四月ということで、両大学のみならず、TOEFL等の英語技能試験の最終受験が目に見えてきて、そろそろ最終受験までに何点取るかという目標を立て、勉強を始めている受験生も少なくはないでしょう。今回は、AO、公募受験生の大きな悩みの一つである「合格のために必要なTOEFL iBTスコア」について考えていきたいと思います。

【田村青学受験】予備校は?ロンブーから学ぶMARCH合格に必要な期間とは?

数ヶ月前に一気にネット上で、ロンブーこと田村淳さんがMARCHの一つの青山学院大学を受験するとして、一躍話題になりましたね。本人が仕事の合間を縫うように、専任の講師を雇い真剣に勉強する様子や、受験が終わってからは、受験日までは禁酒をしていたことを告白するなど、本人が話す限りでは、本人なりに真剣に受験勉強に取り組んでいたようです。結果としては田村さんは青山学院大学入試において全日程で不合格となってしまいましたが、なぜ落ちてしまったのか、そしてこれからの受験生のためにも、本来MARCH攻略にはどれくらいの労力と時間が必要なのかについて考えてみました。

【2017阪大出題ミス】合格しても浪人?受験生の出題ミスとの付き合い方。

1点の差が合格、不合格を決めてしまう、感全点数主義の現在の日本の大学入試。そのような世界で戦っていかないといけない受験生は、その一点のために何年もの年月をかけ勉強し、入試に挑む。毎春一点に泣き、一点に笑う人間のいる大学入試。そのような世界でもあるにかかわらず、出題ミス、採点ミスはこれまでに何度も起こってきた。人は間違いを犯す生き物である。これらの類のミスがなくなることはないであろう。それ故、今回の記事では、これまでの出題ミス、採点ミスにまなび、出題ミスを防ぐことは不可能でも、知ることで受ける影響を減らすことにつながれば幸いである。

【費用編】私文浪人生のための後悔しない予備校選びバイブル完全版

三月。大学に進学するのか、もう一年踏ん張り志望大学をめざすのか。大学受験生にとっては一年のなかで一番大きなターニングポイントといっても過言ではないのでしょうか。今回の記事では、もう一年頑張る。と決めた受験生、特に新浪人生向けに、まずはこれから始まる浪人生活のなかで一番大きなウェイトを占めるであろう、予備校の選び方について考えていきたいと思います。

スタディサプリ!月額千円で授業を受け放題!定期テストから大学受験まで!

このブログにて私が皆さんに一番伝えたいといっても過言ではないことの一つが 「スタディサプリ、本当にしっかり勉強できる」 ということです。今日はこのスタディサプリの基本的紹介をしていこうと思います。 [sp-only] [/sp-only] スタディサプリとは? 簡単に言うと、スタディサプリとは、予備校講師などが授業を行う動画をインターネットで配信し、有料会員(月額980円)はその講義動画をスマート […]