合格最低点

1/2ページ

【2019慶應経済】A,B方式の予想合格最低点は?他の受験生は解けたの?小論は?

例年通り2/13日に行われた慶応大学経済学部入試。当学部では英語、小論文に加えて数学を受験するA方式、そして数学の代わりに地歴を受験するB方式の二方式での一般入試が行われています。今年の慶応経済の出願者数は大きな変化は見られず、B方式のみ微減という形になりました。今回はそんな慶応大学経済学部の2019年度入試について受験生の生の声および大手予備校解説を確認しながら分析していきます。

【2019年度早稲田文】今年度入試の予想合格最低点は?難化?易化?受験者の声

2019年2月17日に例年通りの日程で行われた早稲田大学文学部入試。当学部は文化構想学部同様、一般入試一般型で英語技能試験を利用することができる学部となっています。また今年の文学部入試の志願者数は、一般型では微減、そして四技能利用型は2017年から続いて大幅な増加となりました。今回はそんな2019年度の早稲田大学文学部入試を受験生の感想および大手予備校の好評を参考にしながら分析していきます。

【2019年度早稲田法】今年度入試の予想合格最低点は?難化?易化?受験者の声

今年も昨年同様2/15日に早稲田大学法学部入試は行われました。入試形式は早稲田の中でも単純で、センター利用及び一般入試、そして指定校の三種類のみとなっている学部になります。今年2019年度の出願者数は昨年度と比べて100人強の微増となっています。今回はそんな2019年度の早稲田大学法学部入試を受験生の声と予備校好評をもとに分析していきます。

【2019年度早稲田国際教養】今年度入試の予想合格最低点は?難化?易化?受験者の声

今年も昨年同様2/13日に行われた早稲田大学国際教養学部入試。一般入試は1種類のみの学部で、かつ昨年から一般入試でも英語技能試験が英語の15点分をしめるようになりました。また今年の志願者数に関しては、2018年度のものと比較すると2%の増加となっています。今回はそんな早稲田大学国際教養学部の2019年度入試を分析していきます。

【2019年度早稲田文化構想】今年度入試の予想合格最低点は?難化?易化?受験者の声

今年も例年通り2/12日に行われた、早稲田大学文化構想学部一般入試。例年通り一般入試および英語技能試験利用型の入試の両方が行われました。昨年比の志願者数が一般入試では10%減少、英語技能試験利用型では11%増加しました。この記事ではそんな2019年度の早稲田大学文化構想学部の入試結果を大手予備校および受験者スレを参考に分析していきます。

【2018早稲田政治経済】予想合格最低点は?他の受験生は解けたの?素点は?

2/20日に行われた早稲田大学政治経済学部入試。今年度は、英語科においては総語数が約500語減少したり、数学においても、昨年に続いて更に易化が進んみました。出願者数についても、最難関とされる政治学科においては100人ほど減少したものの、他の経済学科、そして国際政治学科については大幅に増加しています。本年度の入試難易度分析を、各大手予備校講評および当学部受験者の声を元に、分析していきます。

【2018早稲田教育文系入試】予想合格最低点は?難化?易化?学科差は?

2/19日に行われた早稲田大学教育学部入試。一部科目においては、問題形式の変更が行われました。また社会科目を中心に難化した都市となりました。本年度の入試難易度分析を、各大手予備校講評および当学部受験者の声を元に、分析していきます。

【2018慶應商学】予想合格最低点は?他の受験生は解けたの?小論は?

2/14日に行われた慶應義塾大学商学部入試。本年度は、新たな入試形式導入や、募集人数の増減など、大きな変更はありませんでした。小論文や、英語においては数年ぶりに旧来の方式が復活したりなど、まだ安定した出題をしている学部とはいえないでしょう。本年度の入試難易度分析を、各大手予備校講評および当学部受験者の声を元に、分析していきます。

【2018慶應法学部】予想合格最低点は?小論は?足切りは?2018年度偏差値

2/16日に行われた慶應大学法学部入試。本年度は下にても述べますが、ほとんどの科目において「難化」した年でした。特に入試制度、および募集人数等には変更はありませんでした。本年度の入試難易度分析を、各大手予備校講評および当学部受験者の声を元に、分析していきます。

【2018慶應経済】A,B方式の予想合格最低点は?他の受験生は解けたの?小論は?

2/13日に実施された慶應義塾大学経済学部入試ですが、今年度の入試は問題の質、難易度、受験者数などにおいて、「例年並み」と言える場面が多い年度ではなかったでしょうか。本学部では、科目ごとに分かれた2方式入試、そして足切り制度、そして毎年任意で行われる得点統計処理制度などがありますが、2018年度入試ではどのような様子になるのか、各大手予備校解答速報やスレの情報を元に、分析していきます。