得点調整

【早稲田成績標準化】あなたが受ける学部は全科目調整?選択科目のみ?学部別成績標準化情報2019まとめ。

こんにちは。ついに早稲田一般入試ウィーク開始までのこり2日となってしまいました。今年の入試の終わりまでももう少しですね。というわけで早稲田入試シリーズなのですが、今回は一応早稲田の、「成績標準化」という得点調整システムに関する話なのですが、一応この成績標準化に関しては以下のメイン記事で大まかな解説はしていてそこでも学部別の成績標準か情報にはまとめてあります。しかし自分が受験生だった時「自分の学部はどの科目が標準かされるんだよ!!」ってひたすらググってたのを思い出したので、学部別の解説を単体記事でやっておこうと思います。ちなみに参考にしている情報は最新過去の2018年のものとなりますが、今年も確実にその通りになるというわけではありませんのでご注意ください。

【2018早稲田教育文系入試】予想合格最低点は?難化?易化?学科差は?

2/19日に行われた早稲田大学教育学部入試。一部科目においては、問題形式の変更が行われました。また社会科目を中心に難化した都市となりました。本年度の入試難易度分析を、各大手予備校講評および当学部受験者の声を元に、分析していきます。

早稲田受験生必見!点数標準化の罠〜合格最低点を超えても不合格!?〜

高三生、浪人生、受験生ならだれでも、一度は赤本を解いて、その年度の合格最低点と照らし合わせて、一喜一憂したことがあるのではないでしょうか。基本的にほとんどの日本国内の国立、私立大学では、「素点法」と呼ばれる、各教科の素点を足し合わせてそれを合計点とするい一般的な方法を採用しています。しかし一部の大学では「点数標準化」と呼ばれる採点方法を採用しています。点数標準化制度は本来選択科目間の難易度の差を是 […]