英語

1/2ページ

【2018ランキング】早稲田の英語の難易度って実際どんなもん?

こんにちは、管理人のIkeda(@sokei_zyuken)です。今回は前回に引き続き、早稲田英語ということで、特に「難易度」ということについて触れていきます。早稲田だけあって、もちろん簡単というわけではありませんが、問われる力が一部学部にとっては違ったり、全体的な難易度も学部によって実は大きなばらつきがあったりするので、それらについても触れていきます。

【選び方&進め方】早稲田英語に特化した最強参考書10選by現役早大生

こんにちは。管理人の@sokei_zyukenです。最近記事の更新がなくてすみません、、別の用事の方が忙しくて手が回っていませんでした。今回の記事では、早稲田の英語対策、特にどの参考書が便利なのかについて、私の受験生時代に使っていた参考書を軸に踏まえながら、紹介していきます。

早稲田は何割が浪人?一浪で早稲田に合格できる人とは?

こんにちは、管理者のIkeda(@sokei_zyuken)です。今回の記事では、早稲田大学にける、浪人生、現役生の比率について記事を書いていこうと思います。最難関私立大学のひとつある早稲田大学の入学者の何割が浪人生なのか、実際とイメージでは少し相反する部分があると思いますので、表などをもちいて、具体的に分析していきます。

【TOEIC】一ヶ月集中対策で最低100点上げる方法!

みなさんこんにちは!管理人のIkeda(@sokei_zyuken)です。今回の記事では、気分一転し、英語技能試験の王様「TOEIC」についてまとめます。特に、TOEICのスコアについて、一ヶ月本気で努力すれば、何点TOEICスコアアップできるのかということにフォーカスをあてて、まとめていきます。 TOEICスコアの伸び幅は現在のスコア次第 現在のTOEICスコアが低い人ほど得点は早く上がる これ […]

【トップ5選】早稲田生とっておき最速で英会話マスター法

こんにちは!サイト管理人のIkeda(@sokei_zyuken)です。最近の記事は現役の受験生向けに受験そのものについてがっつり書きすぎたので、今回はでは大学に入ってから、大学生がどのように英語、特に英会話を学習、練習しているのかについて、早稲田大学を例に記事を書いていこうと思います。

【質問対応・授業の質】早稲田に一番強い予備校、塾はどこだ?

こんにちは。管理者のIkeda(@sokei_zyuken)です。以前の記事にて、私文受験生のための予備校選びについて書きました。今回はまた視点を少し変え、早稲田合格を第一優先に置いた、塾、予備校の選び方について、合格実績から、各種塾の細かい環境などまで、まとめていきたいと思います。

【2018年度】早稲田のAO・推薦入試の倍率は実は低い!?

こんにちは、Ikeda(@sokei_zyuken)です。今回は国内最難関私立大学群の一つ、早稲田大学の入学試験について、前回は早稲田大学系列校からの内部推薦での入学についてまとめましたが、今回は、近年よく採用されてきている、『推薦・AO入試』について、同早稲田大学一般入試と比べて倍率や難易度はどうなっているのか、まとめて見たいと思います! 早稲田大学のAO・推薦入試の種類 ①AO方式等による入試 […]

【グラフあり】大学が推薦入試を行うメリットとは?一般入試は衰退?

受験生の皆さん、「推薦入試をしても、賢い生徒って入ってこないじゃん、それより一般入試だけの方が、生徒の学力上がるんじゃないの?」などと考えたことは一度はあるのではないでしょうか。近年は特に私立大学において、推薦入学による合格者の人数割合が非常に高くなってきています。このような変化の理由について今回はグラフなどを用いて考えて見ます。

【AO・公募推薦入試】上智、早稲田国際教養合格に必要なTOEFLスコアは?

早稲田大学国際教養学部、School of International Liberal Arts,(SILS)、上智大学国際教養学部、Faculty of Liberal Arts、(FLA)は、AO、公募推薦入試でリベラルアーツ学部を受験する生徒の併願先として定番なのではないでしょうか。まだ四月、されど四月ということで、両大学のみならず、TOEFL等の英語技能試験の最終受験が目に見えてきて、そろそろ最終受験までに何点取るかという目標を立て、勉強を始めている受験生も少なくはないでしょう。今回は、AO、公募受験生の大きな悩みの一つである「合格のために必要なTOEFL iBTスコア」について考えていきたいと思います。

【田村青学受験】予備校は?ロンブーから学ぶMARCH合格に必要な期間とは?

数ヶ月前に一気にネット上で、ロンブーこと田村淳さんがMARCHの一つの青山学院大学を受験するとして、一躍話題になりましたね。本人が仕事の合間を縫うように、専任の講師を雇い真剣に勉強する様子や、受験が終わってからは、受験日までは禁酒をしていたことを告白するなど、本人が話す限りでは、本人なりに真剣に受験勉強に取り組んでいたようです。結果としては田村さんは青山学院大学入試において全日程で不合格となってしまいましたが、なぜ落ちてしまったのか、そしてこれからの受験生のためにも、本来MARCH攻略にはどれくらいの労力と時間が必要なのかについて考えてみました。