足切り

一般入試

【2019慶應経済】A,B方式の予想合格最低点は?他の受験生は解けたの?小論は?

例年通り2/13日に行われた慶応大学経済学部入試。当学部では英語、小論文に加えて数学を受験するA方式、そして数学の代わりに地歴を受験するB方式の二方式での一般入試が行われています。今年の慶応経済の出願者数は大きな変化は見られず、B方式のみ微減という形になりました。今回はそんな慶応大学経済学部の2019年度入試について受験生の生の声および大手予備校解説を確認しながら分析していきます。
一般入試

【2018慶應法学部】予想合格最低点は?小論は?足切りは?2018年度偏差値

2/16日に行われた慶應大学法学部入試。本年度は下にても述べますが、ほとんどの科目において「難化」した年でした。特に入試制度、および募集人数等には変更はありませんでした。本年度の入試難易度分析を、各大手予備校講評および当学部受験者の声を元に、分析していきます。
2018.10.08
一般入試

【2018慶應経済】A,B方式の予想合格最低点は?他の受験生は解けたの?小論は?

2/13日に実施された慶應義塾大学経済学部入試ですが、今年度の入試は問題の質、難易度、受験者数などにおいて、「例年並み」と言える場面が多い年度ではなかったでしょうか。本学部では、科目ごとに分かれた2方式入試、そして足切り制度、そして毎年任意で行われる得点統計処理制度などがありますが、2018年度入試ではどのような様子になるのか、各大手予備校解答速報やスレの情報を元に、分析していきます。
2019.02.21
一般入試

【2018年度早稲田スポーツ科学】2017年度受験者の私が見る2018年度入試の難易度は?合格最低点は?足切りは?

14日に行われた早稲田大学スポーツ科学部入試。スポーツ科学部は文部科学省の政策変更などの影響も比較的少なくここ数年間は5〜6倍という倍率を保ってきました。英語に加えて国数選択、そして小論文が受験科目であり、足切りも存在するという少し早稲田大学の中では異色を放つ学部ですが、本年度の入試結果は、小論文にて大きな形式変更が行われたこともあり、どのようになっているのでしょうか。各大手予備校の入試講評,2017年度受験者である筆者(一般数学受験)の感想および当学部受験者によるスレ投稿内容の三視点より、分析していきます。
2018.10.08
スポンサーリンク